スキー板 キッズ

必見!キッズ・ジュニア用のスキー板・ストック選びのポイント


スポンサードリンク

スキー板・ストックを準備しよう

スキーに行くに当たりまずスキー板などの道具をレンタルするか購入するか、どちらかに決めなければなりません。

 

あまり行かないのであればレンタルがお得と思うかもしれませんが実は購入した場合とそれほど変わらなどころか、購入した方がお得になってしまう場合があるのです。

 

まずはレンタルにするか、購入するかを下記を読んでいただき決めましょう!

 

 

ほとんどの人が知らない!?レンタルの方が費用が掛かるという事実

 

購入した場合のコストパフォーマンス ・ レンタル or 購入どっちがお得?

 

スキー板をそれなりのブランドで購入するとなるとビンディングとセットでおおよそ1.5〜2万円程度になるかと思います。

 

我が家で昨年購入したロシニョールの板とビンディングセット(120cm)はかなりお得に購入する事が出来ました。3点セット21890になります。

 

ROSSIGNOL (ロシニョール) 2011-2012モデル RADICAL J ZELIUM KID
購入価格:13900円

スキー板,キッズ,キッズ用,子供,幼児,ジュニア,ストック

 

ロシニョールキッズスキー板

ROSSIGNOL (ロシニョール) 2011-2012モデル COMP J3
購入価格:7990円

ロシニョールキッズスキー板

 

上の子が2年ほど使用した後に、下の子がまた2年ほど使用するような形で我が家ではなっています。その後、ヤフーオークションにて売却という流れです。
以前使用していたサロモンの板とビンディング、ロシニョールのブーツセットも4年ほど使用してヤフオクに出品した所、なんと13000円ほどで売却する事が出来ました。

 

 

ちなみにこのセットの購入価格ですが板セットが約2万円でブーツがフリマで500円だったので、約4年間も使用したにも関わらず実際にそのスキー3点セットにかかった費用は8000円程度で済みました。

 

スキーに行った日数は4年で少なく見積もっても12日間以上であるのでレンタルするより圧倒的にお得になりました!

 

レンタルの場合かかるレンタル価格

 

・スキーセット(板・ストック・ブーツ) 3000円(1日)
・スキー板単品 2000円
・ブーツ単品 2000円
・ストック単品 500円

 

参考:ハンターマウンテン塩原

 

上記のように3点セットでレンタルすると1日当たり3000円程度はかかってしまいます。年に3日間レンタルしたとすると2年間で6日間になり、レンタル費用は18000にもなります。

 

スキー板 子供 選び方
既に昨年購入したロシニョールの3点セットの購入価格に近くなってしまっています。このロシニョールのセットも数年後にヤフオク行になるかと思いますが、程度にもよるかと思いますが低く見積もっても1万円以上で売却できるかと思います。

 

さあどうでしょう。レンタルと購入どちらがお得になるでしょうか。年間1日程度であればレンタルでもいいかと思いますが、兄弟がいて年間2〜3日程度滑るのであれば購入してしまった方が最終的には安上がりになるかと思います。

 

レンタルするのに並ぶ必要もありませんしね。レンタルするのに並んで時間をとられますし、何より子供と並ぶのは大変ですよね。
特に混雑する年末年始などは、スキー場によっては30分待ち以上になる事も多々あるようです。

 

 

スキー板のサイズを決める

 

スキー板のサイズについてですが下記の基準で長さを決めてください。

 

身長から マイナス5cm〜マイナス15cm 程度
*小学生低学年程度まで

 

ただし3〜4歳ぐらいの時は脚力もない状態であるので、負担がかからないように出来るだけ短いものにした方がいいかと思います。短くなればその分重さは軽くなりますので。重さのあまりスキーを嫌がってしまう事も考えられます。

 

逆に小学生高学年ぐらいになってある程度滑れるようになれば身長と同じ程度の長さでも問題ないでしょう。初心者のうちは短めのものを選んでおけばいいかと思います。

身長から マイナス5cm〜±0cm 程度
*小学生高学年程度以降

 

我が家では上の子が2歳の時からスキーを始めましたが、当初は80cmのサロモンの板を購入して始めました。下の画像は3歳の時のスキーをしている姿になります。
ロシニョールキッズスキー板

 

ビンディングについてはキッズ・ジュニア用の板だとセットされて販売されている事がほとんどになるので、セット品で問題ないかと思います。

 

大人用については小回り用、大回り用などとタイプがありますが、キッズ用については、特にこれから始める場合にはデザインで選んでしまって問題ないかと思います。

 

サイズアウトした時にヤフオク等で販売する事を考えているのであれば、ロシニョールやサロモンが比較的高い値段が付くように思いますので、そのあたりも考慮して板を決めるといいかと思います。

 

 

ストックのサイズを決める

 

ストックのサイズの決め方については下記の通りになります。

 

ストックを逆にして下記画像のように持ち、ひじの角度がおおよそ80〜90度になるようにしましょう  *下記画像の長さは気持ち長めの感じとなります。

 

ストックの長さ

画像は身長120cmで75cmのストックを使用しています。
一般的に身長マイナス40〜50cmのサイズの長さのストックになります。

 

 

 

スキー板とストックの長さは決定!さてどこで購入するか?

 

上記のようにスキー板とストックの長さを決めますので、通販で購入しても問題ありません。実際に我が家ではキッズ用の板等を購入する時に店舗で買ったことはありません。

 

サイズが分かっているのであとはデザインで決めるだけ。とすると実際の店舗よりもネット通販の方が種類は多くあります。また価格も店舗より安い事がほとんどです。

 

しかしながら実際に実物を見て購入したいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方はお近くのアルペン、ヴィクトリア等に足を運んでみるのもいいかと思います。実際に見てみると物欲はかなり高まりまるのでその場でかなり欲しくなっちゃうかも!?自分は確実になります。。。

 

下記にスキー板、ストック等のリンクを張っておきますのでチェックしてみてください。物欲が高まるかと思います(笑)。

 

 

スキー板 子供 選び方

キッズ用スキー板を探す

 キッズ用スキー板一覧 (ブランド別で探す ロシニョール / サロモン / HEAD

 

ジュニア用スキー板を探す

 ジュニア用スキー板一覧 (ブランド別で探す ロシニョール / サロモン / HEAD

 

 

 

子供用 ジュニア ボーイズ 4バックルスキーブーツ COMP J4 RBD5070 ROSSIGNOL(ロシニョール) 2014-2015 FW【RCP】
by カエレバ

 

キッズ用ストックを探す

 キッズ用ストック一覧 (ブランド別で探す ロシニョール / サロモン / HEAD

 

ジュニア用ストックを探す

 ジュニア用ストック一覧 (ブランド別で探す ロシニョール / サロモン / HEAD

 

 

 

 

ROSSIGNOL〔ロシニョール スキーポール・ストック〕<2015>PRO RDCJ002 〔z〕
by カエレバ

 


スキー板 子供 選び方

キッズ用ブーツを探す

 キッズ用ブーツ一覧 (ブランド別で探す ロシニョール / サロモン / HEAD

 

ジュニア用ブーツを探す

 ジュニア用ブーツ一覧 (ブランド別で探す ロシニョール / サロモン / HEAD

 

 

 

ロシニョール(ROSSIGNOL) キッズスキーブーツ FUNGIRL J3 2015-16年モデル ガールズスキーブーツ
by カエレバ

 

スキー板を選ぶ上で後悔しない為には

スキー板のサイズ等の選び方について紹介してきました。こちらの記事「子供用スキー板の選び方、あとで後悔しない為に。」では、実際にスキー板を購入するにあたって後で後悔しない為のポイントを紹介していますので、よろしかったらご覧ください。

 

 

まとめ

スキー板 子供 選び方
間違ったサイズ選びをしない為にも初めて購入する時は通販ではなく実際のスキーショップやスポーツショップで購入する事をお勧めします。しかしながら近くにショップがない、すぐに欲しい場合は上記の選び方でジュニアスキー、キッズスキーセットを揃えるといいかと思います。

 

さあ楽しいスキーへ行きましょう!!!

【特集記事】 スキーを始めるのに絶対あった方がいいトライスキーとは?

我が家ではこれ無しでは考えられなかったほどのアイテムがトライスキーです。あるのと無いのとでは大違いなアイテムとなります。予算に余裕があれば絶対に買うべきアイテムです。

「スキー初心者に必須?トライスキー60の効果とは?」で特集していますのでぜひご覧になってみてください。 スキー板 子供 選び方

 



スポンサードリンク

必見!キッズ・ジュニア用のスキー板・ストック選びのポイント関連ページ

子供用スキー板の選び方、後で後悔しないポイントとは?
子連れで楽しむ!スキー&スノーボード。子供用スキー板の選び方のポイントと実際にどんなスキー板、ストックがあるのか紹介しています。やはり見た目はブランド物の方がいいですが高い、しかしある事を利用すると実質はお得になります。
キッズ・ジュニア用ブーツを選ぶ重要ポイントとは?
キッズ・ジュニア用のスキーブーツを選ぶに当たり必見です。レンタルと購入ではコストパフォーマンスはどう違う?またサイズ選びやリアエントリー、フロントバックルとの違いなどについて詳細に説明しています。
スキー初心者に必須?トライスキー60の効果とは?
ボーゲンヘルパーと呼ばれているトライスキー60は、スキー初心者、特にキッズにはかなりお勧めの逸品です。我が家ではこのおかげで子供達がスキー大好きになりました!
キッズ・ジュニア用スキーウェアの選び方の3つのポイント!
キッズ・ジュニア用スキーウェアを選び方の3つのポイントを紹介!レンタルがいいのか?値段、価格による違い、サイズ調整の有無、つなぎかセパレートかなど選ぶ上でのポイントが複数あります。子供と行くスキー歴10年の管理人がお伝えします。

ホーム RSS購読 サイトマップ