スキー板 子供 選び方

子供用スキー板の選び方、後で後悔しないポイントとは?


スポンサードリンク

子供用スキー板の選び方、後で後悔しない為のポイントとは?

スキー板 子供 選び方
子供用のスキー板の選び方について、スキー板の長さサイズの決め方はこちらの記事で紹介しました。小学生低学年と高学年では脚力も異なり長さの選択基準も異なります。

 

サイズが合っていないサイズのスキー板を購入してしまうと疲れやすくなって、すぐにスキーをやめたりしやすくなるのでいい事がありません。なのでしっかりとお子さんにあった長さのスキー板を選ぶ事が大切になります。

 

子供用スキー板の選び方

 

ブランド物、ノーブランドで安い物とどちらにするか?

結論から言うとブランド物をお勧めします。初期投資は非常にかかりますが(2〜3万円)なんといってもサイズアウトした時に売却しやすいのがポイントとなります。

 

我が家では必ずブランドのスキー板、ブーツを購入します。

 

スキー板の選び方記事で紹介しました売却方法は下記になります。

我が家で昨年購入したロシニョールの板とビンディングセット(120cm)はかなりお得に購入する事が出来ました。3点セット21890円になります。

 

上の子が2年ほど使用した後に、下の子がまた2年ほど使用するような形で我が家ではなっています。その後、ヤフーオークションにて売却という流れです。

 

以前使用していたサロモンの板とビンディング、ロシニョールのブーツセットも4年ほど使用してヤフオクに出品した所、なんと13000円ほどで売却する事が出来ました。

 

ブーツの選び方記事で紹介しましたのが下記となります。

わが家では4歳になるまでドロミテのソフトブーツを使用していましたが、こちらのブーツはヤフオクで3000円ぐらいで購入したものになります。

 

それが兄弟で4年間使用したものが3000円程度で売却できました。特にこのドロミテのブーツは軽量なので人気があるからこの価格で売れるのです!

 

 

購入した方がレンタルより安くすむ?

上記のようにヤフーオークションを利用するとレンタルで済ますより実質安くすむようになります。

 

首都圏のスキー場であるハンターマウンテン塩原の子供用レンタルスキーセットの1日レンタル価格を見てみると3000となっています。そのスキー板を使う期間の合計で4日間程度レンタルするのであれば圧倒的に購入した方がお得になります。
スキー板 子供 選び方

 

子供の身長が伸びるスピードから考えて2〜3年で買い替えとなるので1年で1〜2回程度スキーに行くのであれば間違いないですね。

 

 

子供用スキー板の中古品をヤフオクで購入する

ヤフーオークションで中古のスキー板を購入するのも中古品でも気にならないのであればいいかと思います。この時もブランド品を購入すると後でサイズアウトした時にヤフオクに出す事である程度購入費用を回収する事が出来るかと思います。

 

我が家ではこのパターンも実際に購入した事があります。といってもどうしても欲しいデザインのものがあったので中古で探すしか方法がなく運よく落札したものとなりますが。

 

ちなみにこの中古で購入した板は現役なので今後サイズアウトした時にヤスオクに出品していくらで落札されるかはわかりませんが、デザインも最近のものなのである程度の価格になるかと思います。

 

スキー板 子供 選び方

 

スキー板のブランドは何がある

スキー板、ブーツ、ストックでの誰もが知っているブランドでヤフオクに出品した時に高く落札されやすいものと言えば下記になります。

 

ロシニョール(ROSSIGNOL)・サロモン(SALOMON)・ヘッド(HEAD)

 

上記の中でも経験的にはロシニョール、サロモンが一般的に知っているブランドになると思われヤフオクに出品した時にも高く落札される可能性が高くなるかと思います。

 

 

スキー板のセット価格はどのぐらい?

ブランド物のスキー板(セット)を購入するに当たり目安となる価格を紹介します。ここではスキー板、ビンディング、ストック、ブーツの4点セットでの金額でお話させて頂きます。

 

楽天でスキー板、ビンディング、ストック、ブーツの4点をロシニョール、サロモン、HEADあたりで揃えると約3万円ほどになります。初期投資としては高いですよね。実際に選んでみると下記のような感じとなります。クリックで詳細を確認する事が出来ます。

         

上記セットを購入して2〜3シーズン使用すると仮定するとヤフオクでの売却価格は1.5〜2万円ほどになるかと思います(保証は出来ませんが)。つまり1.5〜1万円ほどの持ち出しで購入する事が出来ます。先ほどのハンターマウンテン塩原でのレンタル価格で考えると1〜1.5万円ほどで2〜3シーズン使用できる換算です。

 

実際に落札価格相場を調べてみると分かりますが、それなりのものはやはりそれなりの価格で落札されている事がわかります。

 

 

まとめ

スキー板 子供 選び方
お金がいくらでもあるお金持ちでは購入時に金額がいくらであっても問題ないかと思いますが一般の方にとって初期投資に必要な金額は非常に重要になってくるかと思います。まして子供が2人いたら2倍かかってしまいます。

 

しかしながら選び方を間違えないでスキー板セットを購入する事によって、カッコいいスキー板、ブーツ等を使用するが出来る事が出来ます。なんだかんだ言って子供用でもカッコいい方がいいですからね。後悔しないようにジックリと考えて購入する事をお勧めします。

 

【特集記事】 スキーを始めるのに絶対あった方がいいトライスキーとは?

我が家ではこれ無しでは考えられなかったほどのアイテムがトライスキーです。あるのと無いのとでは大違いなアイテムとなります。予算に余裕があれば絶対に買うべきアイテムです。

「スキー初心者に必須?トライスキー60の効果とは?」で特集していますのでぜひご覧になってみてください。 スキー板 子供 選び方

 



スポンサードリンク

子供用スキー板の選び方、後で後悔しないポイントとは?関連ページ

必見!キッズ・ジュニア用のスキー板・ストック選びのポイント
キッズ・ジュニア用のスキー板・ストックを準備するにあたりレンタルにするか購入するか決めましょう。ほとんどの人が知らない!?レンタルの方が費用が掛かるという事実、そして購入する場合のポイント、トータルコスト、サイズアウト後のオークションでの販売等まで解説しています。
キッズ・ジュニア用ブーツを選ぶ重要ポイントとは?
キッズ・ジュニア用のスキーブーツを選ぶに当たり必見です。レンタルと購入ではコストパフォーマンスはどう違う?またサイズ選びやリアエントリー、フロントバックルとの違いなどについて詳細に説明しています。
スキー初心者に必須?トライスキー60の効果とは?
ボーゲンヘルパーと呼ばれているトライスキー60は、スキー初心者、特にキッズにはかなりお勧めの逸品です。我が家ではこのおかげで子供達がスキー大好きになりました!
キッズ・ジュニア用スキーウェアの選び方の3つのポイント!
キッズ・ジュニア用スキーウェアを選び方の3つのポイントを紹介!レンタルがいいのか?値段、価格による違い、サイズ調整の有無、つなぎかセパレートかなど選ぶ上でのポイントが複数あります。子供と行くスキー歴10年の管理人がお伝えします。

ホーム RSS購読 サイトマップ