子連れ スキー

キッズ・ジュニア用スキーウェアの選び方の3つのポイント!


スポンサードリンク

スキーウェア!キッズ、ジュニア用の選び方のポイントとは?

子供用スキーウエア
キッズ・ジュニア用スキーウェアを選び方の3つのポイントを紹介!
レンタルがいいのか?値段、価格による違い、サイズ調整の有無、つなぎかセパレートかなど
選ぶ上でのポイントが複数あります。子供と行くスキー歴10年の管理人がお伝えします。

 

 

レンタルか購入か?どっちがいいの?

 

かかる費用で比較

レンタルする場合

スキー板、後で後悔しない為のポイントの記事でも出てきましたハンターマウンテンスキー場のレンタル価格表になります。

 

スキー板 子供 選び方

 

子供用スキーウェアのレンタル価格は1日当たり2500となっています。サイズも90cmから5Lとサイズ展開もかなりあるので、サイズも問題ないと思われます。

 

1泊2日でスキーに行く場合だと2日間のレンタルで5000円となります。シーズンに2回(2泊)行くとしたら倍の1万円となります。2シーズンだと2万円となります。では、購入した場合で考えてみましょう。

 

 

購入する場合

購入するウェアによって値段はピンキリですが安いものだと上下セットで5000円程度で購入出来るものもありますが、後述しますがあまりにも安いものは注意が必要です。安くてよかった〜って思って実際にスキー場に行ってみると大変な事が起きる可能性もあります。

 

2シーズンスキーウェアを着用可能だと考えると、ッレンタルでは2万円かかったので、2万円で購入出来るウェアという事で選んでみると、なかなかいいウェアーを購入する事が出来ます。楽天で見てみるとたくさんありました!

 

 

 

ウェアタイプで比較!つなぎ、セパレート

スキーウェアのタイプとしては、大人用でも見られる通常の形であるセパレートタイプつなぎタイプに分かれます。

 

セパレートタイプ

セパレートタイプのメリットとしては、トイレに行きやすいという事があげられます。トイレで毎回毎回全部脱がせる必要がないので大人にとってはだいぶ楽になります。

 

しかしながら、派手に転んだ時やソリで滑っている時などに雪が背中に侵入してしまう可能性があるのがデメリットになります。頻度としてはそれほど多くはないかと思いますが我が家ではセパレートタイプを購入しだしてからしばらくそういった事が起こってました。

 

子供がある程度大きくなれば問題ない可能性が高いですが、購入前に検討しておく事が必要かと思われます。

 

 

デザイン面で比較

スキーウェアのデザインですが、やはり気にいったウェアを着たいと思うのであれば購入するしかないですね。また親が子供にカッコいい恰好をさせたいのでもやはり購入となるかと思います。

 

やはりレンタルウェアーではデザイン面でどうしても劣るものが多いと思う事がレンタルシップなどで見られるキッズ用、ジュニア用スキーウェアを見ると思わずにはいられないと思う事がありました。

 

もちろんスキー場によっては恰好いいウェアを用意している所もありますが、なかなか実際にスキー場に行くまでは分からないという事が多く、行ってみると・・・って事でテンションが下がってしまうのも折角のスキーに来ているのに残念ですからね。

 

キッズ・ジュニアウェアのサイズはどうやって決める?

キッズ、ジュニア用のスキーウェアサイズを決める方法ですが

 

身長からサイズを決める

身長と同じサイズが標準体型であればほとんどの場合において適正なサイズになります。

 

サイズ調整機能有無は?

サイズ調整機能はあった方が絶対いいです。サイズ調整機能はキッズ、ジュニア用スキーウェアにはほとんど付いている場合が多いのですが、まれに調整が出来ないものもあります。子供の成長スピードは速いので調整機能がないと1シーズンだけしか着用する事が出来なかったという事も考えれます。

 

 

キッズ・ジュニア用ウェアはどこで購入する?

キッズ、ジュニア用のスキーウェアの購入先としては下記の2種類が一般的かと思われます。一つはリアルショップであるスポーツ用品店やアウトレットショップなど、またもう一つは通販サイト(楽天、アマゾンなど)ですね。
して

 

スポーツ用品店、アウトレット等

スポーツ用品店などのリアルショップのなによりの強みとして、サイズを実際に着用して調べる事になります。実際に着用した時のイメージってウェアをただ見た時と全く異なる事ってよくある事です。

 

ネット上でこのウェア格好いいと思って、実際の店舗に行って着用してみると「アレ!?なんか違う!?」って思う事ってよくある事です。

 

楽天、アマゾンなどの通販ショップ

通販ショップのメリットは、数多くの種類が販売されている事です。リアルショップでどうしても限られた種類のみの展開になってしまっており、特に高価なモデルなどは需要と供給の関係で扱いがない事が多くなっています。

 

我が家では購入する時はネットでチェックしてから近場のスポーツショップに行き、売っていないと神田のスキーショップに行って購入します。気になる値段ですが、ネットの方が安い事はもちろん多いのですがスポーツショップでも負けない価格で販売されている事も意外にも多いのです。

 

【特集記事】 スキーを始めるのに絶対あった方がいいトライスキーとは?

我が家ではこれ無しでは考えられなかったほどのアイテムがトライスキーです。あるのと無いのとでは大違いなアイテムとなります。予算に余裕があれば絶対に買うべきアイテムです。

「スキー初心者に必須?トライスキー60の効果とは?」で特集していますのでぜひご覧になってみてください。 スキー板 子供 選び方

 



スポンサードリンク

キッズ・ジュニア用スキーウェアの選び方の3つのポイント!関連ページ

必見!キッズ・ジュニア用のスキー板・ストック選びのポイント
キッズ・ジュニア用のスキー板・ストックを準備するにあたりレンタルにするか購入するか決めましょう。ほとんどの人が知らない!?レンタルの方が費用が掛かるという事実、そして購入する場合のポイント、トータルコスト、サイズアウト後のオークションでの販売等まで解説しています。
子供用スキー板の選び方、後で後悔しないポイントとは?
子連れで楽しむ!スキー&スノーボード。子供用スキー板の選び方のポイントと実際にどんなスキー板、ストックがあるのか紹介しています。やはり見た目はブランド物の方がいいですが高い、しかしある事を利用すると実質はお得になります。
キッズ・ジュニア用ブーツを選ぶ重要ポイントとは?
キッズ・ジュニア用のスキーブーツを選ぶに当たり必見です。レンタルと購入ではコストパフォーマンスはどう違う?またサイズ選びやリアエントリー、フロントバックルとの違いなどについて詳細に説明しています。
スキー初心者に必須?トライスキー60の効果とは?
ボーゲンヘルパーと呼ばれているトライスキー60は、スキー初心者、特にキッズにはかなりお勧めの逸品です。我が家ではこのおかげで子供達がスキー大好きになりました!

ホーム RSS購読 サイトマップ